白髪染めトリートメントランキング

自宅で白髪を染めるメリット・デメリット

美容院に行くのはお金も時間もかかるので面倒だから、白髪染めは自宅で行うという人が増えています。ここで、自宅で白髪を染めるメリットとデメリットについて考えてみましょう。

まず、デメリットは染めムラができてしまうこと。美容師さんは白髪をくまなくチェックして薬剤やヘアマニキュアを塗ってくれますが、自分で染めるとどうしてもムラができてしまうことがあります。髪全体に揉みこむように塗れば染めムラはかなり防げますが、永久染毛剤は刺激が強いので躊躇してしまいますよね。カラートリートメントタイプの方が低刺激である分、抵抗なくたっぷり塗れるので染めムラは少ないかもしれません。

また永久染毛剤タイプは美容院で使用されているものに比べると、市販のものは刺激が強くトラブルが起こりやすいと言われています。使用するときには必ずパッチテストを行うことを習慣にしましょう。

さらに自宅で白髪を染めると、浴室や洗面所を汚しやすいというのもデメリットのひとつでしょう。特に永久染毛剤タイプはすぐに洗い流さないと浴室の床や壁を傷めることもあるので注意が必要です。

ではメリットについてはどうでしょうか。自宅で白髪を染めるメリットはなんといってもお金と時間の節約につながること。美容院で白髪染めとカットを同時に行うと時間も2~3時間近くかかります。料金もロングヘアの場合、1万円前後になることも。特に白髪の本数が少ない方はコスパ面で見合わないと感じることもあるでしょう。

また自宅ならいつでも思いたったときに白髪を染めることができます。小さいお子さんがいて、なかなか美容院に行く時間が取れないという方や突然、明日人に会うことになった…というときでも白髪を染めることができるので、いつでも若々しい自分でいられます。

自宅だと色んな染め方ができる

30代以降になるとチラホラと目立ってくる白髪。まだ美容院で染めるほどではないかな?と思っていても、意外に白髪は見られているもの。どんなにツヤツヤの髪でも、白髪が数本あるだけで見た目年齢がぐんとアップしてしまうのは事実です。白髪が少ないうちなら自宅で染めることを考えてみてもいいのではないでしょうか。

自宅で白髪を染める方法は大きく分けて2つあります。ひとつは永久染毛剤タイプの白髪染めを使用すること、そしてもうひとつはカラートリートメントやヘアマニキュアで白髪を染める方法です。

永久染毛剤は一度染めると、色落ちしないのがメリット。長持ちするため、チラホラと目立つ白髪なら2か月に1回程度の使用で十分です。デメリットはジアミンなどの成分によってアレルギーを起こしやすいこと。そして、いったん髪を脱色してから色を入れるため、髪が傷んでゴワゴワしたりきしんでしまうことでしょう。

これに対して、カラートリートメントやヘアマニキュアタイプはキューティクルをはがすことなく、髪の表面に色をつけるタイプです。色を維持するためには、繰り返し使用する必要がありますが、髪を傷めません。アレルギーになりやすい薬剤も使用していないので、白髪染めでかぶれたことのあるという方でも安心して使用できます。

また、最近の製品は天然由来の着色成分や昆布エキスなどを配合しているものが多く、使用を繰り返すことで髪そのものがキレイにツヤツヤになるというメリットもあります。頭皮のトラブルや髪のボリュームが気になる方にもぴったりと言えるでしょう。

ページの上へ移動

トップページ

自宅で染める方法

美容院で染めるメリット・デメリット

白髪になりやすい人、なりにくい人の違い

予防ってできるの?

髪のハリ、コシをアップする方法

Copyright (C) 白髪染めトリートメントランキング. All Rights Reserved.